結婚記念日の意味と名称

結婚記念日の意味と名称

結婚後に毎年の結婚記念日を祝う風習は、西洋から伝わりました。明治27年に明治天皇が銀婚式のお祝いをしたことから徐々に国民の間に浸透していったのです。結婚記念日は、いわば家庭の創立記念日。若い世代の夫婦ではごく当たり前のお祝いとなっています。いつまでも夫婦の絆を感じて、祝って、大切にしていける、そんな関係が素敵ですね。

結婚年数 式の名前 式の持つ意味
1年 紙婚式 白紙の状態から将来の夢を願う。
2年 藁(綿)婚式 贅沢せず、質素倹約な暮らしをしましょう。
3年 革婚式 3年は倦怠期を迎えやすい時期。革のようにしなやかに、粘り強く互いを想って。
4年 花婚式 花が咲き実がなるように、夫婦が美しく花開き実を結ぶ瞬間。
5年 木婚式 5年経ち、やっと夫婦が固く結ばれます。それはまるで、夫婦が一本の木になるように。

※5年目は、セカンドマリッジリング購入のベストタイミングです。

6年 鉄婚式 鉄のように強く、苦難に負けない人生を送りましょう。
7年 銅婚式 家族や財産など、家庭を取り巻くものがどっしりと安定する時期。胴に例えて、その安定を喜びます。
8年 ゴム婚式 ゴムのように弾力のある、ちょっとやそっとではちぎれない夫婦の生活を。
9年 陶器婚式 大切な陶器を大事に扱うように、ヒビが入ることなく過ごしてきた年月。
10年 錫婚式 錫のように美しく、そして清らかで柔らかく。

※10年の歳月に感謝と愛を込めて、Sweet10ダイヤモンドを贈りましょう。 Sweet10ダイヤモンドにあたるリングをサードマリッジリングとして奥様に贈られると完璧です。

11年 鋼鉄婚式 硬くて強い鋼のように、しっかりと愛の力で結ばれる二人。
12年 絹婚式 柔らかく艶があり、それでいてさらさらときめ細かい二人の愛情。
13年 レース婚式 幾重にも深く織りなしていく、愛の証がここに。
14年 象牙婚式 象牙のように長い歳月を重ね、年齢を経て輝いていく、揺るぎない価値を。
15年 水晶婚式 曇りなく、透明に透き通るように輝く、水晶のような信頼の心を持って。
20年 磁器婚式 磁器のように、年月とともに価値を増す夫婦の関係。
25年 銀婚式 一区切りのついた結婚生活。いぶし銀のような、深みのある美しさを。
30年 真珠婚式 これからのますますの繁栄を、富と健康の象徴である海の宝石に例えて。
35年 珊瑚婚式 何十年、何百年と、永い年月をかけてじっと成長を続ける珊瑚のように。
40年 ルビー婚式 二人の深い信頼関係は、まるでルビーの深紅の色。
45年 サファイア婚式 ここまで夫婦を続けてこられたのは、お互いの誠実さと徳望で結ばれていたから。
50年 金婚式 金色の輝きを得た、豊かな日。
55年 エメラルド婚式 深い緑のエメラルドのように、静かで尊い夫婦の暮らし。
60年 ダイヤモンド婚式 長寿と一族の繁栄は、世界で一番硬いダイヤモンドのように輝かしい。最高の記念日。

女性は、いくつになってもジュエリーを贈られると嬉しいものです。 結婚生活が何年目であっても、二人の愛情が本物であることの喜びに感謝して、本物のジュエリーを心を込めて贈りたいですね。