ダイヤの4C

ダイヤモンドには「4つのC」があります。

“4C”とは、ダイヤモンドの個性ともいえる“カラット(重量)” “カラー(色)” “クラリティー(透明度)” “カット(形のバランスと研磨の仕上げの状態)”のことです。それぞれの頭文字をとって“4C”と呼ばれています。この4Cのコンビネーションによって違った特徴や表情を見せてくれるのです。この4Cのグレードが上がれば上がるほど、希少価値が高まります。

「カラット」…1カラット=0.2g

一般的にカラット数が大きければそれだけ希少価値は高くなります。ただ、ダイヤのカラット数が大きいと、それだけダイヤを包む枠もリングも大きくなるので、日本人女性の指にはバランス上少し不自然に見える場合もあります。大きいダイヤが良いものではなく、ご自分の手(ライフスタイルを含め)に合うもの=良いものと考えた方が良いでしょう。参考までに、日本人女性の手をもっともきれいに見せるサイズと言われていることもあり、現在日本では0.3ctが主流になっています。

カラット

「カラー」…カラーは無色透明に近いほど希少価値は高くなります。

ダイヤモンドには完全な無色透明なものから、黄色みがかってるものまであります。グレードが最も高いものが“D”、そこからE,F,G…とアルファベット順に透明度が下がっていきます。無色に近いものほど光をスムーズに透過させ、虹色に輝き、希少価値が高いとされています。また、他の青やピンクの色鮮やかなダイヤモンドは逆に数が少なく、とても珍重されています。その中でも最も貴重とされているものが「天然のピンクダイヤモンド」です。それは優しい光を放つ、美しい色合いをしているダイヤモンドです。これもまた幅広い年代の女性には人気です。

D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
Colorless
無色
Near Colorless
ほぼ無色
Faint Yellow
わずかな黄色
Very Light Yellow Light Yellow
非常にうすい黄色
「クラリティー」…ダイヤモンドの内包物の度合いを表します。

ダイヤモンドの内部を10倍に拡大して検査し、不純物の状態や外部の特徴によって、11段階の等級に分けます。ほとんどのダイヤモンドには内包物がありますが、稀に“フローレス”(インターフローレスを含む)と呼ばれる内包物の含まれないものもあります。一般にはあまり流通しておらず、スーパーブランドが高級宝飾品を作る際になどに使われる事が多いのですが、ダイヤの入手期間として3~6ヶ月見ておければカラットによっては入手できる場合もあります(高額です)。内包物の状況によって、光の通り方(輝き)が変わってくるので、不純物の数、大きさ、色、位置などによってクラリティーのグレードは決められ、不純物が少なければ少ないほど希少価値は高くなります。

FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3
10倍拡大で無傷 外部に超微小傷のみ 10倍拡大でも発見が困難な内包物 10倍拡大で発見がやや困難な内包物 10倍拡大で発見できる内包物 肉眼で容易に発見できる内包物
「カット」…カットはダイヤモンドのプロポーション、対称性、研磨の状態を表します。

この3つの総合的な評価でカットのグレードが分けられます。ダイヤモンドの永遠の輝きは熟練したカット職人の技に他なりません。職人技によって、光を最大限に取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めていくのです。

Excellent Very Good Good Fair Poor
エクセレント ベリーグッド グッド フェアー プアー

カットの評価は、約100年前にダイヤモンドを活かすために数学的に考えられた58面体の「ラウンドブリリアントカット」になります。

カットイメージ

エクセレントカットは、三段階に分かれている
『トリプルエクセレント』

エクセレントグレードの中でも、最高級のもの(3EX)。これはカットの3つの要素(総合評価・対称性・研磨の状態)がすべてエクセレントグレードという最高の仕上がりを見せるものです。トリプルエクセレントになると必ず“ハート&キューピット”の現象(後述)が出ます。

『エクセレントのハート&キューピット(H&C)』

特殊な装置を使用すると、テーブル側(上面)から8方向に放たれたキューピットの矢(アロー)が、パビリオン側(底面)からは8個のハートの模様が見られます。この現象を「ハート&キューピット」または「ハート&アロー」と呼びます。まるで愛のキューピットがハートを矢で射って、幸せを約束した瞬間を思わせる美しい模様です。

『ハート&キューピット(H&C)』 イメージ

『エクセレント』

鑑定書にH&Cの画像は付きませんが、テーブル面には綺麗な8本の矢が見えるカットです。

『ヴィーナスアローダイヤモンド』

ラウンドブリリアントカットの3EXよりハイグレードなカットを施したものが、この「ヴィーナスアローダイヤモンド」です。58面エクセレントカットの数値を満たしたまま、106面もの超精密なカットを施したダイヤのことを指します。ダイヤモンドを専用のスコープで覗くと、「16本の矢」が確認できます。これは500年の歴史を誇るベルギー・アントワープにて、「ヨハン・オリースラガース氏」が生み出した技術です。

『ヴィーナスアローダイヤモンド』イメージ

という様にダイヤモンドの評価は、この4Cで決まってくる訳ですが、重視するポイントとしては天然石という観点から、ついつい大きさ(カラット)に目が行ってしまいがちですね。しかし、ジュエリーに大切な綺麗さ(輝き)という点について言えば、カットのグレードが最も重要と言えます。