女性編

マリッジリング購入の段取ってどんな感じ?

女性の場合、感覚は男性よりもぐっと現実的なので、どんな結婚指輪を選ぼうかという前に、気になる事が色々ありますよね。

例えば、

  1. いつ頃買いに行けばいいの?
  2. どこへ買いに行くのがいいの?
  3. 世間の相場(平均購入価格)はどれくらい? などなど・・・

そして、どんな指輪を選ぼうかしらという順番で考えが進むと思います。

マリッジリングの購入はいつ頃が目安?

マリッジリングは受注生産の為、出来上がるまでに平均1ヶ月前後の時間がかかります。(メーカーや時期によっては3ヶ月かかる場合も)。まれに、完成品のサイズを変更したいとなる事もある為、その期間を考えると遅くとも挙式の3ヶ月前にはマリッジリングの注文を済ませておいた方が良いでしょう。また、マリッジリングを取扱っているお店は、土・日・祝日は絶対に混雑します。納得のいくリングを見つけるために、平日にお休みを取り、落ち着いた店内でゆっくりと選ぶことをお勧めします。早めに購入したとしても、リングは重ばらず場所も取りませんし、挙式前に慌てずに済み挙式の準備に専念できるという意味でも、早めに済ませておくのがコツです☆

どこへ買いに行くの?

選択肢は、(1)ブランドのブティック、(2)デパートや駅ビル等の宝飾売り場、(3)オーダーメイド店、(4)通信販売(WEB SHOP含)、(5)大型ショッピングセンター やディスカウントショップ、(6)ブライダルリング専門店と言ったところです。それぞれ特徴があります。

Info.
買いに行くお店の業態としては上記の選択肢になりますが、更に考慮しておくと良いポイントがあります。それは出来れば地元(近隣含)にあるお店でお買い物をする方が良いという事です。何故なら、最も大きな理由は結婚を機に多くの女性は家庭を中心とした生活に変わり、都心まで出ていく機会が少なくなるものです。指輪の磨き直しやサイズ直しなどが必要になるのはそうなった頃ですから、メンテナンスの為にわざわざ都心まで持って行き、出来上がったらまた取りに行くというのは、想像以上に面倒くさいことになってしまうからです。地元のお店で購入すればメンテナンスのために持ち込むのも取りに行くのも格段に楽なことは想像にやすいでしょう。長く大事に使いたい結婚指輪だからこそ購入した後のことを考慮しておくことが大切と言えます。
(※地元・・・同県内とか隣接している市町村等の意として使用)

世間の相場(平均購入価格)はどれくらい?

プラチナ価格の急激な下降により2007年からの2年間連続の値上げが戻り一段落した感があります。各種ブライダル情報系の雑誌には様々な情報が載っておりますが、SHOPにおける実体としてはペアで20万円前後が結婚指輪の平均的な金額と言えるでしょう。結婚指輪は毎日身に付けるものですからこだわりたいという思いも強くなるものですので、慌てないためにも現状として把握されておくと良いでしょう。とは言え、これはあくまでも平均値の話であり、結婚指輪として商品化されているものは、ペアで6万円に収まるものから100万を超えるものまで幅広くありますので、ご予算に応じて選べばよいでしょう。

トップへ戻る

ブランド指輪をご紹介

マリッジリングはどんな風に選べば良いの?

  1. やはり気になるのはお姑さんや彼の上司の目
    嫁としての資質を問われてしまうのではないか心配してしまいますね。でもご安心下さい。2人がそのリングを選んだ思いをしっかりと持ってさえいれば問題ありません。マリッジリングは、二人の門出のシンボルです。周りの人は温かく見守ってくれますから、自由な感性で選びましょう。
  2. 可愛いものが欲しいけど、歳をとった時の事を考えるともう少し落ち着いた方が良いかしら
    人は誰でも時間と共に姿かたちも感性も変わっていくものです。当然、あらゆる好みも変わっていきます。ですから、遠い将来の事を考えてリングを選んでも、将来本当にそれが自分の好みにマッチするかなんて誰にもわかりません。わからない将来の為の事を考慮するより、今欲しいものを選ぶことが一番大切なのです。本来、マリッジリングは2人の結婚の証であり、精神的なものですから、2人の関係が良好なら幾つになってもどんなデザインのリングも不思議と指に馴染むそういうものなんです。
  3. やっぱりプラチナのリングが欲しい
    白く光るというイメージと腐食・変色し難い安定性の高い金属という特性から結婚(2人の関係)というテーマにピッタリですよね。プラチナのリングは高額な商品になりますからこの機会に!という気持ちわかります。
  4. ダイヤが沢山ついたゴージャスなものが欲しい
    ダイヤが沢山ついたゴージャスなマリッジリングにしたいけど、華美なものが似合わない席には困るかも?とお考えの方。昨今では結婚5年目にセカンドマリッジリング、10年目にSWEET10としてサードマリッジリングを購入するのが理想の夫婦像という事で、実現されているご夫婦が増えています。ですから、後日セカンドマリッジリング、サードマリッジリングを持つことで、TPOに応じたリングを選んで身につけられるようなスタイル実現すれば良いだけですので、何ら心配ありません。
  5. 指が太いからカバーできるデザインが欲しい
    指輪は、実際に身につけてみるとイメージとは印象が大幅に異なる場合が多々ありますので、色々なタイプのリングを実際につけて試してみることが重要です。思いもしなかった様なデザインのリングが似合ってしまうことは少なくありません。これ似合うわ!と感じたら指の太さなんて気にならないんです。
  6. 家事の邪魔にならないものにしたい
    ダイヤ付には憧れがあるけど家事の邪魔になったり、石が取れたりしないか気になって・・・という方居ますね。メレダイヤ(小さな飾り用のダイヤ)が沢山付いていても縦爪のエンゲージリングとは違い、基本的にブランドにかかわらず引っ掛かりやすかったりすることはありません。また、とめてあるダイヤもそう簡単に取れるものではありませんが、万一、ダイヤが取れ紛失した場合も付け直して数千円と言うのが相場ですからあまり心配は要りません。
  7. 彼の好みに合わせたい
    普段からお洒落に拘るタイプの彼。当然マリッジリングにも拘りたいでしょう。そういう場合、思い切って彼の好みに任せてみるのも大人の女性の器量です。彼が自分の選んだ妻となる人に間違いはなかったと一層感じることでしょう。セカンドマリッジリングの約束を取り付けておくことを忘れないように。
  8. エンゲージリングと重ね着けが出来るものが欲しい
    エンゲージリングを購入する時から2人で選べるなら、初めからエンゲージリングとマリッジリングが組み合わせになっているセットリングを選ぶのがお薦め。セットリングでなくてもエンゲージリングのデザイン(形状)を考慮して選べばセットリングのように合わせて着けられますし、何と言っても重ね着けはゴージャスな感じになるのでお出かけにはピッタリですよね。
  9. お互いを尊重している派
    体格や雰囲気、デザインの好みも違う二人。結婚指輪だからと無理してお揃いのデザインに合わせようとするともめることも・・・。愛し合ってるからこそ、信じあってるからこそ、お互いの個性や好みを尊重して、それぞれ好きなリングを選ぶ。そんな二人素敵ですね。デザインが違ってもリングの内側に全く同じ刻印をしてマリッジリングとするご夫婦増えています。
  10. 職業柄仕事中はマリッジリングをしていられない方
    リングをネックレスに出来るチェーンがあります。リングを外している時間が長い方はネックレスにした時に素敵に見えるデザインのリングを選んでみては?リングのサイド面(ネックレスにつけた時に正面となる面)にダイヤがついているものや素敵な彫が施されているものもあるんですよ。

トップへ戻る